「家でポテトチップを
手作りしたいんだけど…」

「ポテチの簡単な作り方は
どんなんだろう?」

そんな疑問をお持ちですか?。

実は結構簡単なんですよ。

しかも、手作りのポテチは
味付けは塩だけなのに
めちゃウマ。

お子さんも喜んで
食べてくれるし、
体にも優しい。

早速作り方を紹介しますね♪

スポンサーリンク



ポテチの作り方

<材料>

じゃがいも(メークイン) 中2個

塩            適宜

<作り方>

1.
じゃがいもは皮をむき、
水気を拭いておく

2.
油を170度に熱する。

3.
油の上でスライサーを使い、
じゃがいもをスライスしながら
入れていく。

一度にたくさん入れると
くっついてしまうので、
何回かに分けて入れる。

鍋の大きさにもよりますが、
だいたい一回につき
1/2個〜1個分くらい
スライスして入れる感じです。

4.
入れたら、菜箸でほぐす。

5.
ほぐしたら、すぐに弱火に
する。

時々、ゆっくりかき混ぜて、
均一に火が通るようにする。

6.
泡が小さくなって、
しばらくじゃがいもの色が
変わらない状態が続く。

7.
ほんの少しだけ
色づく部分が
出てき始めたら、

少しづつ弱火→中火に
温度を上げていく。

8.
程よく色づいたら、
取り出す。

※7→8は結構すぐ(数十秒)です。
※モタつくと焦げてしまうので、
カス網などを使ってサッと
取り出すといいでしょう。

9.
揚げたてに軽く塩を振る。

※揚げたてを食べると少し
へなっと感じるかもしれませんが、
しばらくするとカリッと
します。

※また、素揚げの揚げ物系は
揚げたてにすぐ塩を
振るのがコツです。

熱いうちだと
塩分がスーッと中に入っていくので、
仕上がりが美味しいです。

10.
残りのじゃがいもも
同様にして揚げる

じゃがいもは揚げる前に水にさらさなくていいの?

よくあるレシピでは、

揚げる前にじゃがいもを

スライスして

水にさらして

水気をしっかり拭き取って

それから揚げる

というものが多いですが、
しっかり水分を拭き取らないと
油ハネするし、
けっこう面倒ですよね。

僕の作り方のように
簡単に、いきなり油の上で

スライサーを使って
入れていっても全然大丈夫
ですよ。

油ハネもしませんし。

ポテチの作り方のコツ。揚げ温度とじっくり揚げることがポイント。

ポテチの作り方は、
上の作り方だけを見ても
十分簡単に作れますが、

さらに上手に仕上げるコツを
紹介しましょう。

手作りポテトチップで
よくある失敗は、

・仕上がりがべちゃっとする
・一部はナマっぽいけど一部は
焦げちゃってる

だと思います。

それを防ぐには?

一番のコツは揚げ温度です。

上のレシピのように、
まず初めに油の温度を
170度くらいに
しておくことです。

これは、初めから
低温だとじゃがいも同士が
くっついたり、鍋底に
くっついてしまうので、
それを防ぐためです。

そしてじゃがいもを入れたら
弱火にします。

そうするとしばらくすると
160度くらいになりますので
そのまま低温でじっくり揚げます。

そして<作り方>で書いたように、

泡が小さくなって、しばらくして、

ほんの少しだけ
色づく部分が
出てき始めたら、

最後の方で再び
少しづつ弱火→中火に
温度を上げていくのです。

低温でじっくり揚げたあと、
最後に温度を少し上げることで
カリッと仕上がります。

また、じゃがいもは
色づき始めてから
焦げてしまうまでが早いです。

ですので、

高温で一気に揚げるのではなく、

”低温できちんと火を通してから”

”最後の数十秒で温度を上げて
カリッとさせる”

というこの方法であれば、

比較的簡単に全体が均一に
仕上がります。

揚げている最中にじゃがいも同士がくっつくのを防ぐには?

ポテチを手作りする時、

もうひとつ、つまづくことが
あるとすれば、

じゃがいも同士がくっついて
しまうことです。

これを防ぐには、

あまりいじりすぎないことです。

特に揚げている時の泡が
小さくなってからは
じゃがいも同士がくっつき
やすくなります。

なので、その時にあまり触ると
逆にくっついてしまいます。

揚げている間は、
時々、ゆっくり混ぜてやる
くらいでいいです。

実は手作りしたポテトチップは料理の付け合わせに使えます

ポテトチップというとお菓子の
イメージが強いですが、

実は手作りのポテトチップは
料理の付け合わせに使えます。
特に肉料理に合います。

僕が見習いに行っていたフレンチの
お店では、ステーキに添えたりしていました。

コース料理の一部で
出てきても全然違和感もなく、
とってもよく合いますよ♪

あと、この手作りポテチ、
味付けは塩のみなので、
体に優しい。

ですので、夕飯の添えに
ちょっと多めに作っておいて、

翌日の子供さんのおやつに
少し残しておくのも
いいかもしれませんね。

ただ、美味しいので、翌日まで
残っているかどうかが問題ですが…笑

まとめ

いかがでしたか?

手作りのポテチは
思った以上に美味しく、

僕も初めて見習いの店で
食べた時は、

「わぁ、美味しいなぁ」

と思ったのを覚えています。

一度作ったらやみつきに
なっちゃいますよ♪

 

スポンサーリンク